東京視力回復センター

近視・遠視・弱視・乱視の視力回復者累計実績国内No.1の視力センターです

東京視力回復センター
お問い合わせ 0120-41-4694

ホーム > 目のおはなし > 眼のしくみとはたらき

目のお話

眼のしくみとはたらき

眼のしくみとはたらき

毛様体(もうようたい)

毛様体は毛様体筋(毛様筋)と血管網と色素からできている筋肉のかたまり。毛様筋から出ているチン氏帯を引っ張ったり、緩めたりして、水晶体の調節作用を促す。

網膜(もうまく)

厚さ約0.3mm位の透明な膜。カメラで言えば映像を写すフィルムにあたる。

水晶体(すいしょうたい)

直径約9mmの碁石のような形をした透明なレンズ。角膜と同じように光を屈折して、眼底に逆さまの像を結ばせる。遠くを見るときは薄く、近くを見るときは厚くなる。 これが目の調節作用といい、ピントをあわせる作業をする。

角膜(かくまく)

目の玉の外膜で、目の玉の形を一定に保つはたらきと、光を屈折して眼底に集める役目。厚さ約1mm の透明な膜。

目のおはなし

センターを探す

目に関するご相談・
回復見込みチェック予約は
お近くのセンターまで

お近くにセンターがない方

視力回復者の声

浜田沙紀さん
藤平智也さん
浜田優花さん

> 視力回復者の声を見る

ページの先頭へ

お近くのセンターを探す